駅舎は作業場に変身

里見

さとみ
Satomi
里見駅
▲里見駅駅舎《2008年8月3日撮影》
里見駅駅舎内
【写真1】里見駅駅舎内。《2008年8月3日撮影》

ゆるやかな傾斜をのぼりながら農村地帯を南下し、しだいに民家が少なくなってきたところに設けられているのが里見駅です。かつては列車交換が可能で、タブレットを交換して行き違いを行う光景が比較的最近まで見られましたが、利用者数減少に伴う合理化により上総牛久以南が一閉塞となり、里見駅も棒線化されました。その後ほどなく無人化されています。

駅舎は小湊鉄道標準スタイル、木造平屋の瓦葺で寄棟屋根を備えた、古くからのものです。海士有木、上総山田、上総牛久、高滝など、ほぼ同形の木造駅舎が立ち並ぶ小湊鉄道ですが、里見から先の区間は開業時期がずれているせいか、残る月崎や養老渓谷などは、比較的オーソドックスな切妻屋根の駅舎になります。

駅舎の内部は、待合室部分についてはほかの駅とほぼ同じスタイルになっています。窓口部分も特に板張りなどはほどこされていませんが、旧事務室部分はほかの用途に用いられています。

里見駅ホーム
【写真2】里見駅ホーム。花がきれい。《2008年8月3日撮影》

ホームには色とりどりの花がプランターに植えられており、地元の人による清掃も行き届いているため、なかなか居心地のよい空間となっています。前述のように事務室部分を貸与しているためでしょうが、かなり荒れた高滝駅とはまことに対照的です。

里見駅旧対向ホーム跡
【写真3】里見駅旧対向ホーム跡。《2008年8月3日撮影》

現在では棒線駅ですが、かつてはほかに島式ホームを備えていました。現在も、ホームに切り欠けを設けて対向ホームへ通じるタイプの古い構内踏切の跡が残り、こちらにも花がきれいな姿を見せています。

駅舎の中には待合所があり、無人駅となった後も窓口などはふさがれていません。私が下車したときには改装中で、何らかの用途にかつての事務室を活用するようです。

小湊鉄道の第一期開業区間は、五井からこの里見まででした。里見から先は急勾配区間となり建設に時間を要したものと思われますが、さして人口が多いようにも見えないこの里見までが真っ先に開業したのは、この地で産した砂利を運搬するのが重要とされていたためです。かつては、里見から南西側へ砂利採取の専用線が伸びており、これは1960年代には廃止されていますが、2008年8月現在もその遺構をところどころで見ることができ、なんと泥濘のなかにレールが存置されている区間さえあります。

2013年3月16日より交換設備が復活し、これに伴い再度駅員配置駅となりました(2013年4月14日追記)。

乗り場

確認中。

駅名の由来

里見の地名は、上総一帯を支配していた里見氏によるものです(上州を支配していた里見氏とはおそらく別)。1889年の「明治の大合併」の際に里見村が成立しましたが、1954年1月15日に加茂村成立に伴い消滅しています。

歴史

詳細は確認中。

周辺の見どころ

確認中。

駅のポイント

【小湊鉄道線】 五井上総村上海士有木上総三又上総山田光風台馬立上総牛久上総川間上総鶴舞上総久保高滝里見飯給月崎上総大久保養老渓谷上総中野

2009年7月7日

▲ このページの先頭へ ▲